• Bonneville Speed Week 2016

    エンジニアトーク「Bonneville Speed Week 2016」を公開

  • G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール

    Tech Views「G-スイッチ & セレクタブル トルク コントロール」を公開

  • Hondaが描く水素エネルギー社会

    Hondaが描く水素エネルギー社会

  • エンジニアトーク「Power Exporter 9000」

    エンジニアトーク「Power Exporter 9000」を公開

  • テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

    テクノロジー図鑑「スマート水素ステーション(SHS)」を公開

  • エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

    エンジニアトーク「スマート水素ステーション(SHS)」編

  • テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

    テクノロジー図鑑「コージェネレーションユニット」をリニューアル公開

  • EARTH DREAMS TECHNOLOGY

    EARTH DREAMS TECHNOLOGY

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8


2018-11-27
カテゴリトップ > ブランド時計 > タ行 > タグホイヤー > フォーミュラ1 > メンズ > ブレス
タグホイヤー TAGHeuer
フォーミュラ1 メンズ CAZ1014.BA0842

タグホイヤー TAGHeuer
フォーミュラ1 メンズ CAZ1014.BA0842

ブルーク商品番号 TAGCAZ1014BA0842

モーターレースの最高峰・F1の世界観を表現

モーターレースの最高峰、F1グランプリと密接な関係を築くタグホイヤーは膨大な計測技術や先端技術への挑戦をF1と共有するブランド。その名を冠したフォーミュラ1はF1マシンのような流線形トノーケースと丸いフェイスのプロポーションよく、200m防水とクオーツ・クロノグラフを搭載しているのが特徴です。中でも側面のみ光沢のツヤ消しメタルケース&3連ブレス男らしいこの43ミリモデルは、人気のブルーフェイスに視認性抜群のアルミニウム製タキメーターベゼルを装備しているのが魅力。腕が動く度に光彩も動くダイヤルはオレンジ秒針映えて格好よく、重さ175グラムのずっしりとした着け心地もたまりません。

▼スペック

メーカー品番 CAZ1014.BA0842
ムーブメント クオーツ
機能 ねじ込み式リューズ、クロノグラフ、カレンダー機能(日付)、タキメーター
防水 200m防水
素材ケースステンレス
ベゼルアルミニウム
ベルトステンレス
風防サファイヤガラス
カラー文字盤ブルー
ケースシルバー
ベゼルブルー
ベルトシルバー
サイズ ケース 約43mm(リューズ除く)
本体厚さ 約12mm
腕周り 約14.5 〜 20cm
ベルト幅 約20 〜 21mm
重さ 約175g

■画像をクリックしながらカーソルを左右に動かすと時計を回転させる事ができます。

▼備考

艶あり(一部艶なし)のシルバーステンレスケース・艶なしのブルーアルミニウムベゼル・ブルー文字盤・蛍光塗料を施したシルバーの指針・アラビアとバーインデックス・12時位置にブランドロゴ・3時位置にスモールセコンド・4時位置に日付表示・6時位置に10分の1秒計・9時位置に30分計・ベゼルにタキメーター・艶なしシルバーの3連ブレス・二重ロック式の片開きバックル・ねじ込み式リューズ・リューズガード・スクリューバック・バックル部分、裏蓋にブランドロゴ・裏蓋にシリアルナンバー

▼付属品

■タグホイヤーの付属品:ギャランティー(国際保証書)、説明書、メーカー純正ボックス ※ボックス、ギャランティーなどの付属品に関しては入荷時期により仕様が異なる可能性があります。

24回無金利ショッピングローン

[送料無料][タグホイヤー][CAZ1014.BA0842][TAG Heuer][時計][新品]
価格
112,778円 (税込 121,800 円) 送料無料
売り切れました 入荷連絡ご希望の方は下記よりお問い合わせください

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
この商品を購入された方のレビュー すべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

ナオトnyさん 50代/男性

評価5.00

投稿日:2017年05月05日

 タグホイヤー

とっても満足してます。さすがタグホイヤーです。 

使い道 趣味 使う人 自分用 購入回数 はじめて 

ニュースリリース news

自動車技術会賞 受賞内容と受賞コメント

リンク link